焼麩 栄養麩の製造!

hu5

蒟蒻の事ばかりなので、たまには焼麩の紹介もしたいと思います。
写真を撮るタイミングが遅かったので、途中からですみません。

hu4

焼釜に、タネを入れている場面です。
※タネ 小麦粉と小麦グルテンを混ぜ合わせて作ります。麩の種類により配合が違います。
タネを半分に切り、伸ばしながら焼釜に入れます。
そして、水を撒いて蓋を閉めます。

hu3

栄養麩は、細いので早い時間で焼上がります。

hu2

少し熱を冷まして、切っていきます。
等間隔に刃が並んだ機械に入れます。

hu

出口から輪切りになった栄養麩が出てきます。
後は、乾燥させて完成です。

たまに切る際に折れて残っているスミの部分は、家に持ち帰ると、子供達のおやつになります。
親の影響か、そのまま食べます。末っ子(1歳)が一番食べます!
ご飯もちゃんと食べてね。

本社前で!

mise

ただ今、7月にオープンしたいなと希望を持ちながら、作業中です。
織九の直売所です。
蒟蒻、焼麩と麩のラスクの販売をします。
電気工事がまだなので、ドアと窓を全開で作業をしています。

mise2

2等品の販売もする予定です。
暑さに負けずに頑張ります!

芋堀、洗いそして芋植え!

洗い

2018年10月中旬~12月頃までに掘った3年物の蒟蒻芋は、洗浄し綺麗にして蒟蒻に加工されます。

まだ使用しない芋は、洗浄後、冷凍保存します。

 

imo

2019年5月頃から、種芋、1年物と2年物の蒟蒻芋を植えています。

日差しも強くなってきたので、体調管理に気を付けながら、頑張ります。